子供が産まれた今思っていること。

IMG 2463

おはようございます。チチカジのあずき (@azucky824です。

娘が生まれて、先日七ヶ月目を迎えました。子供が産まれる、というのは思っていた以上に凄いもので、ものの考え方やら価値観やらが革命的に変わりますね。

多分、これから先も成長につれて色んな出来事があるでしょうし、おそらく今の考え方とは違うものもたくさん出てくると思います。

なので、今、僕が考えていること、感じていることを一度文章にまとめてみたいと考えました。

父親ビギナーとして、今現在の自分を残しておきたいのです。

少し長くなる予感がしますが、よろしければお付き合いください。

子供を産む、という責任

奥さんから「子どもが出来た」と聞かされたとき、正直言って不安が9割でした。

アラサーではありましたが、僕自身まだまだ未熟で「ちゃんとした大人」なのかどうか怪しいなと思ってましたし、世間でたびたび話題になる青少年の犯罪や、ふだんから目にする、悪い意味でまったく常識に欠けた行動をする子供たちを見ていると、「人を一人前にしなくてはならない」という重圧はとても大きく感じたんです。

僕は住宅の営業マンをしていたことがあって、言い方は悪いですが、アタマのおかしな人や、犯罪すれすれのことを平気でやらかす人と接することもわりとありました。

同じ人間なのにどうしてああなってしまうのか。

その答えを僕は見いだせていない以上、自分がそうなることも、また子供をそうしてしまうことも、可能性としては否定できないわけです。

そういった視点でみれば、子供を産み、育てることのリスクがものすごく大きいように思えてしまってます。それは今でも、です。

それでも、産む、と決めた以上、逐一奥さんとお互いの逸脱度を監視し合いながら、子供を一人前にしてあげよう、と覚悟とも決意とも言える心持ちでいます。

子供は天使ではない。

子どもが生まれてから思っていることもあります。

よく「子供は天使だ」とか、無垢だとかそういう風に言う人がいます。

でも僕はそうは思いません。

それは多分、子どもについて勉強していない人が、理解できないことを放置して放った言葉だと思うんです。

「自分とは違う特別な存在だ」とか、「自分を選んで来てくれたんだ」とか、そういうのです。

発達や保育の勉強をすれば、脳の発達段階と出来ること、感じていることがなんなのか、注意深く観察していれば分かると思うんですよね。

生後すぐ親の手を握るのは、把握反射っていう原始的な反射だし、二〜三ヶ月で笑うのも反射です。感情があるわけでも愛情が伝わっているわけでもない。

その一方で人見知りを残念がる親御さんもいますが、自分を守ってくれる人と他人との違いが分かるというのはそれこそ愛着が形成されているということなので、結構喜んでいいことだと思うのです。

子どものことを特別視せずに、ひとつひとつの成長に目ざとく見守っていきたいと思っています。

親との関係の起爆剤に

子どもがいると、その場が明るくなるとよく言いますが、ほんとうにそのとおりで、自分の親はともかく、奥さんの両親との関係はかなり良い方向に進んでいます。

いままでも悪い、というわけではありませんが、どこか他人、というボーダーは超えられていなかったように思います。

孫が出来て初めて、僕とも血のつながりが出来たということなのか、そこで初めて本当に家族になれたようにも感じました。

子供に親として育ててもらう。

僕は大学生の頃、健康心理を専攻していたのですが、副専攻で保育学をとっていたことがあります。

その時講師をしていた先生の言葉で「人は子供に親にしてもらうんですよ」という言葉が今になってなるほど、と思うことが度々あります。

子供が生まれた瞬間から親業は始まるわけですが、実際にお腹の中で大きく育てていく母親はともかく、父親はとくに、本当に親になれるのは生まれてから時間がかかると思うのです。

子供と接して、最初は戸惑いながらも、やはりなんだかんだ好きになります。可愛いなと感じるようになりましたし、

ああ、人として頑張ろう。と思います。

そういう静かな覚悟を出来たのが僕の父親としての始めの一歩なのかもしれません。

あとがき

さて、長くなってしまいました。

なかなかネット以外で直接人に話すとなると恥ずかしい話ですが、まぁこうして文字にするのは意外と大丈夫ですね。

ネットが普及して色んな人の子育てにたいする気持ちや考えが読めるというのはとても便利な時代だなぁと感じます。

今日も1日頑張っていきましょう。

それでは、あずき (@azucky824でしたー。

Posted from SLPRO X for iPhone.

この記事を書いた人

あずき

住宅営業マンを経て、現在は整形外科の理学療法士。1児の父として勉強中。