楽しかったね、またやろうね。

楽しかったね、またやろうね。

おはようございます。あずき (@azucky824です。

先日、上のムスメが二歳になりました。一歳の時と違って口も達者になって意思の疎通がとれるようになってきました。

写真のようなファンキーな格好も自分でコーディネートするようになったし、写真の時謎のキメ顔をするようにもなりました。

こういうのを「楽しい」と感じるようになったようで、言葉もそのまま「楽しいね」と言えるようになってたんですけど、このごろは「楽しかったね」とか「またいこうね、やろうね」っていう風に、過去の話と、未来の話が出来るようになりました。

うっすらと時間という概念が彼女の中で生まれたみたいだ。

そういえば昔、国語が何かの教科書で「猫は脳の発達が足りなくて、未来を考える力がない」って話を聞いたことがあって、少なくともムスメは猫より賢くなったんだなーと。

ちなみに、その教科書の話はいまいちドンピシャなのが見つからなかったけれど、「ねこに未来はない」というタイトルのエッセイがあるらしくて、その由来に猫の脳の話しがあるみたい。最後にそこを引用して記事のまとめとする。

インパクトのあるタイトルは「猫は脳の構造上、未来を考える能力が無い」と「外に自由に出歩く飼い猫は、事故や行方不明で飼い主の元からいずれ姿を消す」の二つの意味が込められています

引用元:にんげんにだって未来はない―「ねこに未来はない」 | 練馬区のペットシッターのストローラーカンパニーBlog

Posted from SLPRO X for iPhone.

この記事を書いた人

あずき

住宅営業マンを経て、現在は整形外科の理学療法士。1児の父として勉強中。