千葉県成東の「相葉苺園」でムスメのいちご狩りデビュー戦をしてきました。

ども。あずき (@azucky824です。

年の瀬ですね。子供が生まれてから毎年、奥さんの実家で年末年始は過ごすことにしています。

今年もお邪魔しているわけですが、その実家がイチゴが有名な地域なのだそうで、今回は年末でも営業しているいちご狩りに参加してみました。

相葉苺園

行かせて頂いたのは、千葉県成東にある「相葉苺園」さん。

そもそも成東にはイチゴロードなるものがあって、大変に苺農家が多い場所になります。

その中でも、実家の義父母からの強い薦めがあってこちらにしました。

理由はいくつかあって。

  1. 年末でも営業している
  2. 単純に苺が美味い
  3. 複数品種の食べ比べができる

以前義実家でここの苺を頂いたことがあるのですが、味は確かにむちゃくちゃ美味しかったです。

食べ比べについては公式HPにもあるとおり、

山武市成東観光苺組合会員の「相葉苺園」は、1975年に開園以来、栽培品種を増やし続けて来ました。今年は希少品種も含めて18品種程の苺を栽培。
ご来園頂ければ、6〜8品種を食べ比べしていただけるようにローテーションを組んでいます。
苺は品種ごとに甘さや香り、酸味、食感に特徴が有りますので、相葉苺園で味の違いを確かめてください。

かなりの品種を同時に食べられます。

料金について

まず料金については、この「12月中旬〜1月4日」が一番高い時期で、小学生以上が2000円、未就学児・3歳以下とそれぞれ料金が異なります。

うちの子は1歳4ヶ月でのデビュー戦となりましたが、HPにははっきりとかいていませんが、1歳6ヶ月以下の子供は無料とのことでした。とても得した気分です。

予約方法

いちご狩りを始めるまでの手順は通常の時期とちょっと違います。

というのも、完全に予約制となっているようです。

ちなみに2018年は12月15日に予約受付開始で28日がいちご狩り初日だったようです。↓

今年のイチゴ狩りは12月28日からを予定しております

1/28から1/4までは予約制とさせていただきます
11時のみの受付時間で考えております

予約開始は12/15から行います

年内は混雑も少なくゆったりイチゴ狩りが楽しめます

>公式ブログ

その後のブログ記事に12月27日時点で予約がいっぱいになったとの情報が上がっています。予定が決まったら早めにとったほうがよさそうですね。

12月28日金曜日から1月4日までの予約は予定人数を超えたために受付を終了とさせていただきます
3日、4日は苺の状況によっては増員も可能かと考えています
1月2日の午後に判断いたしますので
3日、4日希望の方は2日の午後3時以降にお問い合わせください

ご予約いただいているお客様は11時までにいちご狩りのハウスまでお越しください
ご予約いただいていないお客様は入場できませんご了承ください

>公式ブログ

予約の方法は、公式HPにある「お問い合わせ」の電話番号に連絡して、その後の詳細はショートメールで園の方とやり取りをして予約をとります。

主に、参加予定の人数(子供含め)と、希望の時間を伝えて調整、金額の確定・・・といった内容でした。

いざ、いちご狩り!

当日到着すると、受付をして注意事項を説明いただき、ハウスの方へと移動します。

ハウスの中は暑い(26℃設定になっているらしい+人の暑さ)のと狭いのとで、基本的に上着と手荷物はロッカーにあずけていったほうが良さそうでした。

子供の用品があったので、苺園の方に確認をとって小さいカバンは持ち込ませていただきました。

中に入ると上の写真のように、フッサフサに苺がなっています。僕たちのときは7種類食べ比べができましたが、どれもこれもむちゃくちゃ美味しかったです。

肝心のデビュー戦ですが、普段あまり食べられないイチゴでも大胆に口にほおばって食べるムスメの姿がそこにありました。

40分の時間いっぱい、エプロンの受けの部分が写真のように埋まるくらいたくさん食べたようで、とても満足そうでしたね。

大人も子供も大変満足できたので、ぜひまた来年も行ってみたいと思います。

Posted from SLPRO X for iPhone.

この記事を書いた人

あずき

住宅営業マンを経て、現在は整形外科の理学療法士。1児の父として勉強中。